generic

福岡市を拠点に調剤薬局を展開するまさおか薬局グループではジェネリック医薬品の処方も承ります。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の効能・効果と同等の医療用医薬品です。

先発医薬品の特許が切れた後に、新たに他社から厚生労働大臣の承認のもとで製造販売されるため、「後発医薬品」とも言われます。

「ジェネリック(generic)」とは、「一般的な」という意味。普及率の高い欧米では、医師が、薬の商品名ではなく、成分名(generic name)で記載するケースが多いため、後発医薬品のことを「generics」(ジェネリック医薬品)と呼んでおり、世界共通の呼称となっています。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分やその含有量で、効き目や品質、安全性が同等の医薬品ですが、薬の価格は先発医薬品よりも大幅に安いのが特徴です。

いままで服用されていた先発医薬品をジェネリック医薬品に変更することで、薬にかかる自己負担額を減らすことができ、少子高齢化が進むこれからの時代に、医療費財政の節減や、世界に誇るべき国民皆保険制度を持続させることにつながります。

同じ成分でも安いのはなぜ?

先発医薬品の開発には、長い期間と莫大な費用投資が必要といわれており、開発にかかるコストが薬の価格に影響されています。ジェネリック医薬品は、先発医薬品で使用されている有効成分を利用するので、開発期間や経費を大幅に抑え、低価格を実現することができるのです。

先発医薬品とジェネリック医薬品とでは、色や味などが違う場合があります。

製品によっては、薬の大きさや味、におい、保存性の改善など、先発医薬品よりも工夫されたものもあり、 高血圧や高脂血症、糖尿病、花粉症など、さまざまな病気や症状に対応するジェネリック医薬品もあります。 一つの先発医薬品に対し、複数のジェネリック医薬品が出ていることもあり、カプセル・錠剤・点眼剤など、様々な形態で開発されています。 しかし、新薬として開発された医薬品には20年~25年の特許期間があるので、特許期間が終わるまでは、他メーカーが同じ成分の薬剤をつくることはできないため、すべての先発医薬品に対して、ジェネリック医薬品があるわけではありません。

ジェネリック医薬品は有効性、安全性が確認されています。

ジェネリック医薬品の有効成分は、先発医薬品の特許期間が満了するまで、多くの患者さんに使用され、有効性や安全性が確認された同等の品質が確保されており、効き目や安全性については、十分に検証されていると言えます。

安全性の基準は?

ジェネリック医薬品は、厚生労働大臣による承認受け、製造・販売されており、開発段階で、厚生労働省が定めたさまざまな試験を行い、効き目や安全性が先発医薬品と同等であることが証明されなければなりません。すなわち、現在製造販売されているジェネリック医薬品は、国の厳しい審査を受け、先発医薬品と効き目や安全性が同等であると承認された医薬品なのです。 また、ジェネリック医薬品も、先発医薬品と同じ薬事法の品質基準に基づいて製造されていますので、先発医薬品と同じように安心して使用することができます。

ジェネリック医薬品は、調剤薬局で医師の処方せんに基づいて調剤します。

ジェネリック医薬品を使いたいときは、病院や診療所などの医療機関を受診したときに医師に相談するか、調剤薬局で薬剤師に相談して下さい。 医師による処方せんに、ジェネリック医薬品が記載されていれば、まさおか薬局各店でも調剤することができます。最近では、処方せんに一般名で記載する医院も増えてきているので、「後発医薬品への変更不可」というチェック欄に医師のサインがなければ、患者さんご自身が薬剤師と相談して、ジェネリック医薬品を選ぶことができます。 ただし、先発医薬品と成分や効果などが変わらないジェネリック医薬品でも、使用されている添加物が異なる場合がありますので、アレルギー体質の患者さんの場合は、特に注意が必要になります。

ジェネリック医薬品をお考えの場合は、かかりつけの医師や、福岡市まさおか薬局薬剤師に相談してみて下さい。

  • ヤフオク 出品中の商品はこちら
  • A2Careの公式サイトはこちら
  • 子どもの能力遺伝子検査
店舗のご案内
画像
  • まさおか薬局
  • 〒812-0024
    福岡市博多区綱場町1番16号1F
    TEL:092-263-7060
    FAX:092-263-7064

プライバシーポリシー